工数削減のためのハンドル選定について

Before

改善前

<扉面への取付状態>

上記のような平面ハンドルで、扉へ取付ける際に、締結部品(オワンワッシャーとビス)が必要です。
締結部品は小型のものが多い為、取り付けの際に紛失しやすくなっている上に、各単品毎に順番に取付ける必要があるので、選定された部品によって作業工数が大きく変わってくるのです。

After

改善例

<扉面への取付状態>

従来のオワンワッシャー(2個)の代わりに、上記のような取付板(1個)を用いて、扉へ取付けるハンドルです。
取付板は、オワンワッシャーに比べて大きい為、取り付けの際の紛失も防げます。
ビスをハンドルに仮止めの状態で、扉へ取付ける事が可能な為、組立工数も減らせます。

盤のトータルコストダウンの為には、「部品点数の低減」「組立工数の低減」が有効です。
複数部品を一体化する事によって、盤の組立・取付作業が簡素化され、作業性が向上します。
ハンドル・取付板の種類によっては、扉の取り付け穴の形状も簡素化が可能です。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー