取付穴を考慮したハンドル選定について

Before

改善前

ハンドルを取付ける盤本体や金属筺体の扉側の抜き穴はハンドルの形状や取付方法、サイズによって様々であり、それに合わせて空ける必要があります。

After

改善例

長方形型の抜き穴のハンドルを選択する事により扉の抜き穴加工もサイズの違いのみに限定され、加工もしやすくなります。
また、抜き穴が複雑になると防水性の事も考え加工精度も求められる事になります。

現在、ハンドルについても様々な機能が求められそれに伴い、取付ける為にそれに合わせた扉側の抜き穴が必要となってきます。
必要以上の機能を求めず、扉の開閉する為の基本機能だけを求めるならば、抜き穴も加工しやすい形状となり手間も省けます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー