簡易構造のためのハンドル選定について

Before

改善前

「ボタン式」では、「ボタンを押す」動作を、「レバーが上がる」動作へ、機械的に伝達する為の「構造」が必要です。
また、「手動式」では、レバーの末端を「指で引っ掛けて」、レバーを上げる必要がある為、「指を添える空間(高さ)」が必要です。
前者の場合、部品点数も多く、後者の場合、扉面からの出っ張り(引っ掛かり易い形状)が生じます。

After

改善例

上記のハンドルでは、レバーを上げるための構造の簡素化し、引っ掛かり易い形状を無くしました。
従って、ハンドル重量の軽量化、及び、レバー頭部の凸部の出っ張り以外は、極力、扉面から突出代を抑えました。

「ボタン式」ハンドルと比べ、外観的にスッキリとしたデザインとなっています。
「手動式」ハンドルと比べ、扉面から突出代を抑えた「平らな」デザインとなっています。
上記の構造にすることにより、部品点数を減らし、ハンドルの軽量化が実現可能です。(負荷が掛からない扉に最適です。)
キャンペーンバナー キャンペーンバナー