取付け作業の軽減のためのハンドル(取付板)選定について

Before

改善前

金属筺体に取付けるハンドルは一般的に一人で取付ける場合、片手で表側を、もう片手で裏側を押え、更に取付けねじ、工具を手にして取り付けねばならず、取付け作業に時間が掛かっていました。

After

改善例

取付板の穴をだるま穴型形状のものを使用します。
だるま穴型形状のもので取付ける場合、まずハンドル側にねじをセットした状態での取付けが可能になります。
ねじ部分に取付板を引っ掛ける事により表側からハンドルを押える事無く裏側からのみ押えた状態で取付ける事ができます。

取付板のねじ用の穴をだるま穴型形状にする事によりねじをセットした状態でハンドルを取付ける事ができます。
取付板を引っ掛けた状態にする事により表側からハンドルを押える必要が無く一人でハンドルを取付ける場合の作業性が向上します。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー