取付穴の形状変更による止め金選定について

Before

改善前

従来の止め金の取付穴は四角い形状が多いですが、四角い形状の場合、取付けの角度が90度に限定されてしまい、ロッド棒の長さ調整が出来ないため、正確なサイズに合わせてロッド棒の在庫(長さ)をおく必要があります。

After

改善例

止め金の取付穴を四角い形状から星形の形状に変更することにより、約25~35度くらい取付角度の調整が可能になるので、ロッド棒の長さを調整できる範囲が広くなり、ロッド棒(長さ)の在庫数を減らすことが可能になります。

現状、ロッド棒(長さ)の在庫は取付状態に合わせてそれぞれのサイズを準備しておく必要がありますが、止め金の取付穴の形状を星形に変更することにより、多少の取付角度やロッド棒の長さが調整可能になるため、ロッド棒の在庫数を減らせます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー