扉のガタつきを抑えるための止め金選定について

Before

改善前

<標準タイプの止め金>

金属キャビネットに取付けるハンドルの扉を締付ける止め金は一般的に曲げて使用し、扉とのガタつきを抑えるようにします。

After

改善例

<ロングタイプの止め金>

止め金をロングタイプにします。
止め金が長いものを選定する事により、扉のガタつきを抑える為の曲げ加工や切断がしやすくなります。

ハンドルの止め金が長いものを選定すると、扉のガタつきを抑える止め金の曲げ代を十分に確保する事ができます。
また、止め金の扉への締付けが十分であると輸送中の振動による扉のガタつきを抑える事ができます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー