コストダウンのための蝶番選定について④

Before

改善前

<穴付きの平蝶番>

金属筺体の扉を開閉できるようにする蝶番は、筺体の取付仕様に合わせて取付穴の位置(ピッチ)と数を決めないといけないです。

After

改善例

<穴無しの平蝶番>

穴無しタイプの蝶番の場合、自由自在に穴加工が出来るため、金属筺体の仕様と用途に合わせて蝶番の取付け(組立式、溶接式)ができ、蝶番の在庫数を減らすことが可能となります。

金属筺体の扉の開閉に使われている蝶番は、筺体の取付仕様に合わせて蝶番を選定する必要がありますが、穴無しタイプの蝶番を採用することにより、各仕様に合わせて追加工ができるため、蝶番の在庫数を減らし、コストダウンに繋がります。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー