締結強度を向上させる蝶板へのバーリング加工の選定について

Before

改善前

ネジ加工が出来ない薄板の場合は、別途部品のウェルドナットを穴加工部に溶接するなど、余分な工数がかかってしまうため、盤・筐体全体の製作のコストアップにつながってしまいます。

After

改善例

板厚が薄くてネジ山が確保できない場合、バーリング加工をすることにより、薄い板に厚みを持たせることができます。
穴のまわりを立ち上げることで、ネジ穴加工できる範囲が通常の使用の板厚より長くなります。
これにより、盤扉の駆動が安定することにつながります。

薄い板厚にバーリング加工することにより、ネジ山の確保が出来ることや別途部品であるウェルドナットを溶接する工数を削減できます。
特にウェルドナットの溶接が困難な1mm以下の薄板の金属筐体等に採用することで、扉の開閉の安定性の向上や製作工数の削減などコストと品質面で効果があります。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー