蝶番などの必需機構部品の選定時に考慮すべき点について

Before

改善前

パイプに板を溶接した蝶番

一体型の蝶番の構造の一つとして、パイプに板を溶接した蝶番があります。
この蝶番は製作において、まずパイプと板を用意し、所定の大きさに切断、さらにそれを溶接する工程が必要となるため、加工コストがかさむ原因となっていました。

After

改善例

板の先端部分をカールした蝶番

蝶番の先端部分をカールさせることで、一体型蝶番の製作が可能となります。
この構造であれば、ベンダーの工程だけで済み、溶接工程が不要となり、加工時間の短縮と製品自体のコストダウンが可能となります。
加工方法に改善によって従来品からのコストダウンが実現できます。

扉などが付いた筐体形状(BOX・盤)などに、蝶番はなくてはならない機械部品です。
必需品である蝶番の製作方法を知っておくことで、設計者は機構部品を安定供給・低コストを実現することができます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー