扉のスムーズな回転のための蝶番選定について①

Before

改善前

従来の蝶番セットは、扉を回転時、蝶番同士の面圧が高くなるため、盤の大きさや重さによっては、使用中に扉の歪みが発生し、回転がきつくなったりすることがあります。

After

改善例

蝶番セットの間にワッシャー(真鍮など)を採用することにより、扉の歪みと回転の問題を防止することが出来ます。
ワッシャーを使用することで、蝶番の高さも調整可能となります。

ワッシャー付きの蝶番セットを採用することにより、蝶番同士の面圧を分散させることで扉の回転時の問題を防止することができ、スムーズな回転が可能となります。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー