作業性向上と在庫削減のための支柱選定について

Before

改善前

<固定式支柱>

分電盤用に使われている固定式支柱の場合、分電盤の製作仕様に合わせて決められた高さの支柱を使用しますので、各サイズ(高さ)の支柱の在庫をおく必要があります。

After

改善例

<アジャスト式支柱>

アジャスト式支柱を採用することにより、各分電盤の仕様に合わせて支柱の高さ調整ができるため、支柱の在庫を減らすことが可能となります。

分電盤の製作仕様により、それぞれの支柱の高さを揃えておく必要があります。
アジャスト式支柱を採用することにより、支柱の高さ調整が可能となるため、作業性の向上に繋がります。
また、在庫の種類を減らすことも出来ます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー