コストダウンを実現する銅バーの“断面積”の選定のポイント

Before

改善前

流れる電流から銅バーの断面積の選定は、銅バーメーカーのカタログ値を参考にしてこれまで使用していました。しかし、メーカーによって同じ断面積でも許容電流値がことなるため、その度に安全性を優先して大きな断面積の銅バーを選定し、材料のコストアップにつながっていました。

After

改善例

銅バーの断面積を基準定格電流から求めたい場合は、日本配電制御システム工業会規格JSIA303キャビネット形分電盤(Ⅲ04-2)に従って求めることが一般的である。
安全性を最優先で考える際には、上記公式に当てはめて必要断面積を選定することができる。

電気を流す銅バーには日本配電制御システム工業会規格JSIA303キャビネット形分電盤(Ⅲ04-2)や国土交通省監修の公共工事標準仕様書(電気設備工事編)によってその選定基準が定められています。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー