省スペース筺体のためのアース端子選定について

Before

改善前

盤本体と電気的に接続して、盤内接地線および接地線が接続できるようにするアース端子は、筺体内の地面に設置されることが多いため、小型の電機ボックス内の取付角度が確保できない場合は、アース端子への取付作業が難しい時があります。

After

改善例

アース端子の脚部分を斜めカットすることで、直角より取付角度が広く確保できるため、小型の電機ボックス内でもアース端子への取付作業がしやすくなります。

省スペース化を図りたい金属筺体の場合、各部品の取付方法を工夫しながら、使用部品を選定する必要があります。
アース端子の場合、脚部分を斜めカット仕様にすることにより、取付角度が確保されるため、省スペース筺体の製作に役に立ちます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー