キズ防止のためのロッド棒選定について

Before

改善前

電機ボックスの扉側に付くロックと連動するロッド棒は、筺体仕様によって施錠時のロッド棒に掛かる荷重負荷は様々です。
負荷具合によっては、写真のように筺体の塗装部にキズが発生する場合もあります。

After

改善例

ロッド棒の先端部にキャップを採用することにより、筺体内部のフレームとの干渉部分を和らげるため、筺体のスクラッチ発生を防ぐことができ、施錠および解錠操作もスムーズに行われます。

扉の施錠・解錠により、ロッド棒の先端部が筺体内部のフレームに上下作動されますが、ロッド棒の先端部にキャップを採用することで、筺体
内のフレームとの干渉部分を和らげるため、スクラッチ防止及び施錠・解錠操作がスムーズに行われます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー