作業工数の削減のための溶接ナット選定について

Before

改善前

<六角ナット>

タップを立てられない薄い板厚に対して、六角ナットを溶接することで様々なネジ止め用として利用可能ですが、一般的な六角ナットを使用する場合、溶接時の位置決めが難しい時があります。

After

改善例

<六角ウェルド(溶接)ナット>

パイロット付きの六角ウェルドナットの場合、溶接する箇所に下穴をあけることにより位置決めがしやすくなるため、作業性を向上させることが可能となります。

薄い板厚にネジ山を確保するために、六角ナットを溶接してネジ止め用として使用しますが、パイロット付きのウェルドナットを採用することにより、溶接時の位置決めがしやすくなるため、作業工数を削減しながら、品質を向上できます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー