作業性向上のためのナット選定について

Before

改善前

<ウェルドナット仕様>

薄板を使用して製作する盤用パーツに十分なネジ山を確保するために別途部品のウェルドナットを穴加工部に溶接して使うことがあります。しかし、専用工具の準備や一つずつ溶接作業を行う手間がかかります。

After

改善例

<プレスナット仕様>

ウェルドナット仕様の盤用パーツをプレスナット仕様に変更することにより、溶接用の別途工具が不要となり、複数の下穴にセットし同時にプレス圧入が出来るため、工数削減が可能です。

プレスナット圧入の仕様を採用することにより、一つずつ溶接作業の手間を省け、蝶番のコストダウンにつながります。そして、プレス圧入することで製品精度のバラつきを抑えることが出来ます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー