コストダウンのためのロック選定について

Before

改善前

<亜鉛合金・黄銅・鉄・ステンレス製のロック>

施錠強度や防爆性などが必要とされる高圧盤の場合、扉の施錠・解錠のために使われるロックを亜鉛合金・黄銅・鉄・ステンレス製のロックを採用することが一般的ですが、施錠強度や防爆機能の必要性が低い低圧盤にも同じ材質のロックが採用されることが多いです。

After

改善例

<樹脂製のロック>

施錠強度や防爆機能の必要性が低い低圧盤の場合、樹脂製のロックを採用することにより、コストダウンが実現できます。

電気設備に使われる電圧の仕様により、扉の施錠・解錠に使われるロックを使い分けて採用することで、ロックのコストを削減することができ、制御盤や配電盤のコストダウンを実現することができます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー