防水機能を高めるためのハンドル選定(2重ロック)について

Before

改善前

一般の2重ロックハンドル

従来の2重ロックハンドルは錠取付軸部を本体ケースを通すため、貫通穴の加工が必要とされます。2重ロック機能を付け加える半面、貫通穴を持つ構造上、本体ケースの防水機能を持てないので、屋外電気ボックス用に適用して使用するには難しいです。

After

改善例

防水機能付きの2重ロックハンドル

本体ケースに貫通穴の加工をせずに、錠取付軸部を本体ケースにボルトで締結させることで、2重ロック機能だけでなく、防水機能も完全に実現できます。特にセキュリティ性が求められる屋外用の盤には防水機能も必ず必要とされるので、屋外に適用しやすい仕様となります。

屋外用の2重ロックハンドルは必ず防水機能が必要とされます。セキュリティ性のみならず防水機能付きのハンドルを採用することで、水浸入による故障や安全性の問題を防ぐことができます。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー