負荷状態によるハンドル選定について

Before

改善前

ボタン式ハンドル

ボタン式ハンドルは、ボタンを押す事によって、レバーとボタンの掛かりが無くなり、バネの反力でレバーが自動に上がるタイプです。ただ、バネの反力が閉じた時のハンドルの負荷より小さいと、レバーが上がりにくくなる為、扉の開閉作業に影響を与えます。ボタン式ハンドルの採用に際しては、事前に、負荷条件等を確認する必要があります。

After

改善例

手動式ハンドル

手動式ハンドルは、指をレバーの末端の裏面に引っ掛けて、手動でレバーを上げます。手動式なので、ハンドルに負荷が掛かった状態でも、確実にレバーを上げることができ、扉の開閉作業にも影響を与えません。手動式ハンドルの採用は、ボタン式ハンドル採用時に発生する上記のような問題について、特に効果的です。

筐体(配電盤)のハンドルに掛かる負荷は、色々な要因(ハンドル自体のアソビ、筐体側の精度など)があります。機能と条件に応じて、適切なハンドルを選定し、不具合の原因を回避する必要があります。ボタン式に比べ、手動式の方が、構造的に簡素化されている為、誤作動がし難いです。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー