作業性向上のためのプッシュナット選定について

Before

改善前

<カシメ仕様>

盤用のロット棒をハンドルの止め金と連結する際、通常はリベットピンを叩いて潰してかしめますが、カシメ工程の時間と手間がかかってしまいます。

After

改善例

<プッシュナット仕様>

カシメ工程の代わりにプッシュナットを使用することにより、プッシュナットをピンのシャフトに圧入するだけで簡単に固定することができます。カシメ工程による過度のカシメ防止、外観が良くなります。

盤用ハンドルの止め金とロット棒を連結する際、リベットピンのカシメ固定が一般的ですが、プッシュナットを採用することにより、カシメ工程の手間を省くことができるため、コストダウンと作業性の向上に繋がります。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー