スムーズな扉の開閉のためのステー選定について

Before

改善前

<従来のステー>

電機ボックスの扉の開閉に使用されるステーの場合、扉の開閉と伴ってストッパー用ボールが電機ボックスの本体側に付く相手部材の間に挿入されることで、扉が開いたままストップされますが、従来の構造では開閉数と伴う摩耗や製品変形が原因で、開閉がスムーズに行かない場合があります。

After

改善例

<相手部材の形状を変更したステー>

ストッパー用ボールが入る相手部材の形状を上記のように変更することで、扉の開閉数に伴う摩耗や製品変形による開閉問題を改善することが可能になります。

ストッパー用ボールが入る相手部材の形状を変更することにより、ボールが入り易くなり、摩耗や製品変形を防ぐことができるため、扉の開閉がスムーズになります。扉の開閉問題が改善され、手直し工数を減らすことが可能です。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー