アクセサリー・パーツで使用される材料の金属特性について

鉄の特徴
名称 記号 材料特性
一般構造用炭素鋼 SS400 鋼板、形鋼(山形鋼、I形鋼、溝形鋼、球平形鋼、T 形鋼、H形鋼)、平鋼などがある。
板厚は鋼板で1.2mmから50mmの範囲および、平鋼は4.5mmから36mmの範囲で標準値が規定されている。
加工性、溶接性が良好である。
機械構造用炭素鋼 S20C 代表的な炭素鋼で、炭素含有量・不純物の基準が厳しく、機械構造用に使用される。
熱処理によって、物理的性質をコントロール出来る。
S45C 代表的な炭素鋼で、不純物の基準が厳しく、強度の必要とされる機械部品に多用される。
熱処理によって、物理的性質をコントロール出来る
冷間圧延鋼板 SPCC 常温に近い温度で圧延され、板厚は一般的に3.2mm 以下。
寸法精度が良く、肌も綺麗。(表面仕上げはダル仕上、ブライト仕上)曲げ、絞り、切断性とも良好。
強度は要求しないかぎりSPHCと同等。
熱間圧延鋼板 SPHC 軟らかくなる温度まで加熱してロール加工した鋼板。
表面には厚い酸化皮膜がついています。
一般的な板厚は6mm以下。構造用材に比べて強度は低い。
一般構造用炭素鋼鋼管 STK400 SS400同等材を角・丸パイプ材にしたもの。
ミガキ棒鋼 SDG400D 各材種の黒皮品を再加工し、鏡面仕上げとしたもの。
ステンレス鋼の特徴
合金系統 名称 記号 材料特性
オーステナイト系 18Cr-8Ni-S SUS303 SUS304の切削性を良くした材種。但し耐食性は劣る。
18Cr-8Ni SUS304 代表的なステンレス鋼として最も広く使用されている。
耐食性・溶接性・機械的性質が良好。
18Cr-12Ni-2.5Mo SUS316 SUS304をベースに、モリブデンを添加。耐食性・耐孔食性に優れる。
フェライト系 18Cr SUS430 一般的なクロム系ステンレス鋼。耐食性・加工性には劣る。磁性あり。
銅・真鍮の特徴
合金系統 名称 記号 材料特性
純銅 無酸素銅 C1020 電気・熱伝導性・展延性・絞り加工性に優れ、溶接性・耐食性・耐候性がよい。C1100より高価。
タフピッチ銅 C1100 電気・熱伝導性・展延性・絞り加工性に優れ、溶接性・耐食性・耐候性がよい。
りん 脱酸銅 C1220 電気・熱伝導性・展延性・絞り加工性に優れ、溶接性・耐食性・耐候性がよい。
銅パイプの材料として用いられる。
CuZn系
黄銅 C2700 一般に広く「しんちゅう」と呼ばれている材質。
展延性・深り加工性に優れ、めっき性が良い。
C2801
快削黄銅 C3604 C2700・C2801の切削性を良くした材質
キャンペーンバナー キャンペーンバナー