ボス・カラーの製造方法

製品製造方法の説明

ボスとカラーの製造方法は旋盤機を用いて加工します。旋盤機で材料を切削し、ボスとカラーの形状を作り出します。次に後加工としてC面加工やタップ加工を行います。

代表的な製造工程

1.旋盤加工

02-03-01
旋盤機とは、円柱状の材料を回して、それにバイトと呼ばれる刃ものを当てて材料を削る工作機械のことです。旋盤加工はボス・カラーを製作するのに最もよく使われている加工法の1つです。

2.C面加工

02-03-02
C面加工とは、角を落とすだけのいわゆる最もオーソドックスな面取りの一つです。この加工を行うことによってネジなどの呼び込みがスムーズになります。通常、ボス・カラーの面取り加工はボール盤やベンチレースなどの設備で行います。

3.タップ加工

02-03-03
02-03-04
タップ(Tap)とは、金属加工において、穴の内側にねじを刻むために用いられる工具です。ボール盤や自動タップ機でタップを用いて、タップ加工を行います。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー