銅バーの製造方法

製品製造方法の説明

銅バーの製造方法はマシニングセンター等を用いて穴あけ、タップ切りを行います。その後、バリを取り除くために面取り加工を行い、必要に応じてベンダーで曲げ加工を行います。

代表的な製造工程

1.マシン加工MC・タッピング

02-04-01
マシニングセンター(MC)・タッピングマシンを用いて穴あけ・タップ切りを行います。MC とは自動工具交換機能を持ち、様々な刃物を使用して穴あけ、表面切削・溝掘り・中ぐり・タップ切りなど様々な加工を1台で行うことが出来る工作機械です。タッピングマシンは複数の穴あけやタップ切りが可能で量産を行うのに適しています。

2.面取り加工

02-04-02
面取り加工とは切削によって出来た角部や突起物を取り除き面を作り出す加工の事を指します。生成された穴の大部分はバリを取り除く面取り加工が必要になります。銅バーの製造においてもMC・タッピングマシンを使用して穴開け加工を行うとバリが発生します。そのバリを取り除く為、面取り加工を行います。面取りを行うことで仕上げ面をきれいに作り上げる事ができます。

3.ベンダー加工

02-04-03
02-04-04
必要に応じてベンダーで曲げ加工を行います。数値を入力し、高い精度の加工を行うことが出来ます。
最後にめっきを行い完成となります。主なものに銅めっき・ニッケルめっき・すずめっき等があります。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー