ローレットビスの製造方法

製品製造方法の説明

ローレットビスの製造方法はNC 旋盤加工で形状を作り出し、必要に応じてフライス加工で頭部の溝を作ります。次に転造盤を用いてネジ切りを行い、研磨、めっきを施し完成となります。

代表的な製造工程

1.NC旋盤加工

02-05-01
NC旋盤を使用して希望するローレットビスの形状・寸法の外観を作り出します。
NC旋盤とは数値制御された旋盤の事を指し、切削・穴あけ・溝切りなどを行います。メリットとしては同質のものが大量に生産できる事や数ミリ単位での精密な加工が可能な事、その他安全性などが挙げられます。

2.フライス加工

02-05-02
必要に応じてフライス加工でローレットビス頭部の溝を作り出します。フライス加工とはメタルソーが回転して材料を削る加工のことを言い、平面・曲面・スリワリ(溝)等を作り出します。

3.転造加工

02-05-03
02-05-04
最後に転造加工でネジ切りを行い、頭部の研磨加工を経てめっきを行います。めっきの種類は主にクロムめっきが使用されています。
キャンペーンバナー キャンペーンバナー